金属・樹脂 各種試作品製作・精密機械加工
              有 限 会 社 日 成 工 業

                       川崎ものづくりブランド技術認定企業


            〒211-0051 川崎市中原区宮内 2-24-1  TEL: 044-797-2223
本文へジャンプ
     
   お問合せ:

 TEL : 044-797-2223
 FAX : 044-797-2224


 

 
                                 



                              For the Next Stage

  弊社紹介記事掲載(神奈川新聞)⇒こちら



 樹脂加工製作の前に


    日成工業では試作品や機構部品、その他樹脂加工品の製作をする前に、
    様々な角度から メーカー様と打ち合わせをしております。
    (優先順位を明確にしてコストを最小限に抑えます)


     @ 優先順位を明確にする
     品 質   軸・穴径・その他の寸法公差が厳しい場合
     納 期   今すぐにでも欲しい場合
     価 格   予算が決まっている場合
     材 料   どうしてもその素材でないと駄目な場合
  (強度・耐熱・耐薬など試験をするケース)
           * 優先順位に寄って、製作方法が変わります。
     A 製作方法を決定する
     切 削   マシニングや旋盤による切削・研削
     注 型   シリコン型によるコピー品の製作
     成 形   金型による製作(量産向け)
     造 形   光硬化樹脂や粉末樹脂(PA)による製作
           * 製作方法に寄って、メリット・デメリットがあります。
切削品
     切 削 品
シリコン型
     シリコン型
金型
       金 型
粉末造形品
      粉末造形
光造形品
     光造形品
           製作方法によるメリット・デメリット
   製作方法       メリット       デメリット
 切 削  OA機器部品や半導体部品
 など寸法精度が要求される
 ケースで尚且つ数量が金型を
 作るほど必要ない場合。
 素材を選ばず様々なものに
 対応可能
 形状が複雑になればなる程
 コスト高難材や工程数が
 増えれば増える程コスト高
 注 型  形状の複雑な製品を切削加工
 よりも安価で製作可能
 マスターモデルの製作が必要。
 寸法公差も±0.05〜0.1mm程度が
 一杯。
 コピー品の為、素材はウレタン
 樹脂になる。
 シリコン型の製作が必要
 成 形
 (アルミ型)
 量産品にコスト・納期面で
 最適
 素材も様々なものに対応可能
 通常の金型より2〜3割程度
 安価
 金型製作による初期コストが
 かかる
 形状にも寄るが、5万個程度が
 成形の目安。
 3D形状のものはデータが必要
 成 形(鉄)  量産品にコスト・納期面で最適
 素材も様々なものに対応可能
 金型製作による初期コストがかかる
 3D形状のものはデータが必要
 光造形
 (硬化樹脂)
 形状が複雑な場合は切削加工
 より納期が早く、安価
 コーナーR等がなく図面通り
 に製作が可能
 造形ピッチが高性能な造型機
 でも±0.05〜0.1mm程度な為、
 ハンドワークによる仕上げが必要。
 寄って寸法公差が出しにくい。
 製作可能な素材がPPライクや
 ABSライクなどで、素材が
 限定される
 3Dデータが必要。
 粉末造形(PA)  形状が複雑な場合は切削加工
 より納期が早く、安価
 コーナーR等がなく図面通り
 に製作が可能
 造形ピッチが高性能な造型機でも
 ±0.1mm程度な為、ハンドワークに
 よる仕上げが必要。
 寄って寸法公差が出しにくい。
 製作可能な素材がPA・PAG入り
 などで、素材が限定される。
 3Dデータが必要。



                                    ページのTOPへ    閉じる




        Copyright (c) 2012-2019, Nissei-Kogyo Co., Ltd. All Rights Reserved.